本日のサイエンスクラス。こんな理科用語、大人は知らん!


おばんです。

 

日本のみなさんの英語力を勝手に応援する、英会話講師のJeanです。

 

今夜のあなたへの英語レッスンは、先ほど終わった、子どもコースのサイエンスクラスより。

 

1 soil

 

2 germination

 

3 root

 

4 shoot

 

5 embryo

 

理科を英語でやってない大人には、難しい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 soil 土

 

2 germination 発芽

 

3 root  根

 

4 shoot  芽

 

5 embryo  胎芽

 

 

日本でずっと学習している大人はわからないよね。

えぇ、実は私もgermination(発芽)という単語、今日初めて知った!

 

単語帳では、英検1級レベルですって。

ほぅ、今日、小学生クラスで出てきた単語というところに、大きすぎるギャップがある。

 

 

日本の大人として知っておきたいこと。それは。

 

世界に羽ばたく日本の子どもは、こんな単語を小学生のうちから知っている。

 

という現実。

 

言い換えると

 

世界に羽ばたく日本の子どもは、学校で使う単語は英語でも知っておくといい

 

ということ。

 

外国の学校に行く子どもたち、どんどん増えてくると思うから。

帰国子女、外国の大学、など、そんな子どもたちは確実に増えてきているのを実感している。

 

 

いえ、大人の私たちは、知りませんよ、そんな単語。

大人になったら、「発芽」とかいう単語使いませんもの。

うん、いいの。知らなくて。

 

 

だから、日本の子たちよ。

 

がんばってくれ。。

 

germination という単語は難しいけど、画像見ると意外と簡単。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えぇえぇ、ということで。

 

本日の Super English Kids Course は、Stephenセンセーのサイエンスクラス。

サイエンスの中でも、biology = 生物 でした。

creative (創造的)で、 experimental(実験的) なこのクラス。

 

今日のお題

「植物の成長」

 

とても面白かった。

 

まずは、基礎的知識を学習。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、スティーブンが冷凍していたという、ぐじゅぐじゅになったイチゴから種を取るという作業。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、まさかの、「イチゴを植えてみよう」ということになり。

プランターにシートを敷き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

soil = 土 を入れ、Stehenが用意していた、one year old のイチゴの苗を植える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、水やり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教室の靴箱の上にセット。

子どもたち、毎週の水やりが宿題の一つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えぇ、水をやりすぎて、靴箱に漏れました。

えぇ、すでに土から蟻が出てきました。

えぇ、レッスン後は、教室が大変に汚れました。

 

本当に、イチゴは出てくるんでしょうか。。

 

 

 

レッスンの様子。

男子と女子の態度がこれだけ違うっていうのも、また面白い。

 

 

 

 

 

日本の子どもたちのために、

すぐふざける男子のために、

未来の日本のために、

私に必要なもの、それは。

 

patience = 忍耐

 

 

 

 

Stephen曰く、一か月ほどでイチゴができるらしい。

本当であることを願うしかない。

 

また、報告いたします。。

 

 

 

 

おやすみなさい。。。。

 

Jean

英会話のJEC

http://jec.jellybean.jp/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です