トロント日記4 留学するメリットって英語を学ぶだけじゃない


おばんです。

 

日本のみなさんの英語力を勝手に応援する英会話講師のJeanです。

 

 

今夜のあなたへの英語レッスンは、いつか留学したいと思っている人、英語を教えている人、教えたい人には大事。

今日、語学学校のクラスで聞いた英文法の単語。いってみよう。

 

1 現在形

 

2 過去形

 

3 過去分詞

 

4 冠詞

 

5 動名詞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 現在形  simple present

 

2 過去形  simple past

 

3 過去分詞  past participle

 

4 冠詞  article

 

5 動名詞  gerund

 

 

外国の語学学校に通ったことがある人は、聞いたことありますね。

私も、上級のレッスンの中で、使うことある単語。

 

ちなみに、トロントでの学校のクラスのレベルは3.

うちのスクールでいうと、初級レベル。

で、こんな単語やってるんだから。

生徒さんのレベルに対して、教える英語のレベルが高い。

 

えぇえぇ、ということで。

 

うちが提携している、カナダ、トロントにある語学学校はこちら。

http://hansacanada.com/ja/

 

提携して10年くほど。

これまで、短くて1週間、長くて半年くらいの期間、50人ほどのうちの生徒さんがこの学校に通っただろうと思う。

私自身も、20代のころ、生徒として通っていた。

今回は、日本のAgent として、経営側のスタッフと話したり、授業を見学させてもらったりと、とても貴重な経験をしている。

机に先生が座るあたりが、カナダらしいでしょ。

 

トロントのダウンタウンのど真ん中にある語学学校。

世界中から生徒が集まってきており、現在、600人の生徒が在籍していると、秘書さんが教えてくれた。

 

しかし、やっぱり先生たちのティーチングが上手。

英語講師として、すごく勉強になる。

 

 

今日のvocabularyのクラスで、となりに座っていたメキシコ人の女性の話。

 

年はそんなに若くない。40代中盤から後半だと思う。

ラテンアメリカの女性らしく、ものすごい胸元があいた上着を着ていた。

 

お決まりの

「Hi. I’m Jean from Japan. How about you?」

から始まり、いろいろ話をした。

 

「この国に来て4か月。もっと英語を勉強したいから、半年だったビザを1年に伸ばしたの。できればこの国で仕事をしたいと思ってるのよ。」

 

と言う。

 

これだけのことを、英語ですらすらと言えるのに、

 

「What does “give up” mean?」

 

と質問してたなぁ。

日本人は、「ギブアップ」の意味を知らない人はいないもんね。

 

「どんな仕事をしたいの?」

 

と聞くと、

 

「なんでもいいのよ。掃除婦でもなんでもね。でもそのためには英語をもっと上達させないとね。 メキシコでは掃除婦なんてしたことなかったけど、この国では私にできることは限られてるから。それでもかまわないのよ。」

 

メキシコで何をしていたのかは聞かなかったけれども、なんてガッツのあるセクシーなアラフォーなんだ。

日本の40代の女性でこういう発想をもっている人を、私は知らない。

 

一人の先生が言っていた。

「日本人はとてもラッキーだよ。ワーキングホリデー制度があるから、簡単に一年間カナダにいれるだろ。南アメリカから来ている人たちはそんな制度はないから、自分の国で一生懸命お金を貯めてからカナダに勉強に来るんだ。」

 

しかし、お国柄なんだろうけど、基本的に、ラテン系の人はいつも笑顔、のイメージがある。クラスに初めて来た私を笑顔で迎えてくれるのは、決してアジアの人ではないなぁ。

今日、初めて日本人がクラスにいたけど、どうして日本人はああもむすっとしているように見えるんだろう。むすっとしてるわけじゃないのにね。

 

語学学校に行くと、英語を学んでいる世界中の人と出会える。

それが、留学する大きな一つの利点だと思う。

 

今日見学した最後のクラスに、60代の白人のおじちゃま2人、50代のアジア人のおばちゃまが1人いた。

ステキだった。

 

 

さて、今日も学校。

今日は上級ビジネスクラスの見学。

ワクワク。

 

行ってきます。

 

 

Jean

英会話のJEC

鹿児島の英会話教室 Jean’s English Class

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です