パース日記4 パース市内お得情報


今日はパースに来て初めての雨になるだろうと言われていたけれど、ただ少し涼しかっただけだった。

今日は、ホストマザーが仕事が入り、そしてたまたまKyokaのレッスンが午後からだったので、今日は私と二人でパース市内巡りでもしよーかと、いうことになり。

朝から私は迷っていた。

このまま英語で話そうか、それとも日本語のほうがいいか。

私が初めてホームステイしたときは、学校に行ったときに他の日本の友達がいたから、学校に行ったら日本語が話せて、ずっと英語を話さないといけないストレスから解放された。

彼女はどう感じてるのだろうか。
あまりストレスを与えても良くない。

と考えつつ、待ち合わせ場所で待っていると

「Hello, Jean!」

と、元気に声をかけてきたので、

「Hey, Kyoka! How are you doing?!」

ということで、私と過ごした一日も、彼女はずっと英語でとおした。

たまに、

「What does this mean?」

と私に質問したりしてきて、完全にレッスンのときと同じ。

本当この子はすごいな。

英語での生活のストレスは絶対あると思うのに、相当がんばってるわ。

ということで、二人で、まずは
Art Gallery of Western Australiaへ。
無料だなんて、素晴らしい。

美術館巡りって、嫌いじゃないんだけど、実はあたしは、全くアーティスティックではなくて、芸術のことはじぇんじぇんわからん。

「よくこんなんに時間かけてるわ。」

とか

「こんなんあたしにでもかけるわ。」

とか

「ものすごい時間かけて書いても、認められるのは大抵死んだ後よね。」

とか

すーぐ夢もロマンもないことを考えてしまう。

それはさておき

ま、ここのアートギャラリーは、昔のものから現代のものまであるから、いろんなのがあって、面白い。

こんなんから

こんなんから

こんなものまで

これ、オーストラリアのAngelだってさ。

Kyokaも不思議そうに見ている…

これが私の1番のお気に入り。去年も見たの覚えてる。

疲れたから、ミルクシェイクでも飲んでっと。

色んな色の髪をした、ストリートミュージシャンの女の人がなんだかかっこ良くて、2ドルコインを置いたら
“Thank you. Have a nice day.”
と言われた。

そして、ランチの後は、
Western Australian Museum

こちらは、去年は10ドルだったような気がしたが、今年は無料だった!ラッキー!

理科好きなKyokaには、面白かったかな?

その後は、お土産を買いに、ショッピング!
Easter dayがもうすぐなので、卵グッズがたくさん。

スーパーの本物の卵、たっか!
いくらFree rangeだからって、高過ぎだろ!

またまた見知らぬ果物をKyokaが発見!

私のご飯のお供に、今回はこんなん買ってみたよ。

レジは、セルフサービス。
かんたーん!
こちらは、スーパーでもクレジットカードもOK!

街中で、デモに遭遇した。
よーく見ると、先生達のデモみたいね。
教育費をカットしようとしてる政府に対するデモらしい。

いいねえ。いいセリフだね。
“We are the future.”

そーだ、そーだ、そのとーりだ。

家に帰って、アボカドディップ食べてみたら、また、ゲキまず…

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です