パース日記2 恐ろしい間違い


ハローです。
Jeanです。

オーストラリアはパースより。
こちらは真夏です。

無事にこちらに着きまして。

クアラルンプールからハイジャックもされずにすみまして。

14歳女子は、パースの空港にて無事にホストファミリーに引き渡し。

「Good luck, Kyoka!
Have a great time!!」

と言って、ひとまずバイバイ。

彼女はニコニコしてあっさりと行っちゃいました。

私はというと、前うちの教室で英語を教えてくれていた先生が迎えに来てくれることになっており、無事にこちらも落ち合い。

はー、やっぱり車があると楽だわ~

本当助かった、ありがとーCraig!!

とニコニコしている私に

Craig「Jean, 伝えないといけないことがあるんだ。」

Jean「ん? どーしたの? そんな真剣な顔しちゃって!!」

「今朝、Jean予約したゲストハウスまでの道を調べようとしたんだけどさ…」

Jean「うん、見つけられなかった?」

Craig「いや、あのね、よく聞いてね」

Jean「なに、なに」

Craig「君が予約したゲストハウスは、スコットランドのパースにあるんだ」

Jean「…は…はーーーー???」

ここで、言い訳をしておきましょう。
私は、普段はよくぽかんとしていますが、仕事はできるのです。

いや、逆だね、仕事はよくできるのですが、気を抜くと、うっかりさんなことがある。
それは、私の友人らはよく知っている。
今、うなづいてる人、いるよね。

しかしだね、本気を出せばやるのだよ、あたしゃ。
だから、今のうちの教室は、繁盛してるじゃあないか。

まあ、言い訳はこれくらいにしておこう。

確かに、自分の宿探しは、テキトーにした。たかが20分くらいで決めたような気がする。

Perth

と入力して、

45ドル per night

close to the city

そして、幾つかの泊まった人のポジティブなコメントを見て、いーや、ここで。

ってな感じでね。

最後に、total amount £280

と出たときに、なんでユーロで表示するんだろ、と若干思ったのだが、お金の設定がユーロなんだろ、と、流していた。

よく考えると、£は、ユーロではない、ポンドだ。

そういえば、あれは6月に行くフランス、スイスの旅をオーガナイズし始めたころで、特に何も思わなかったんだ。

そしてら宿を決めた後、パースに住むCraigに、

「What do you think of this guest house?」

と聞いたところ、町に近いしいんじゃない、という返事で、着く日まで、そこを調べることなく、到着したということだ。

「Oh…. oh my god!! Just a moment….. What should I do??!!」

さすがのJeanセンセーも、焦った。
くそう、小さい間違いは日頃あるが、こんなにbig mistakeは、滅多にないぞ。

そこで、私の素敵な友人はこう言いました。

Craig「まずは、スコットランドのゲストハウスに電話をして、キャンセルしよう。それから、良さそうなところをリサーチしておいたから、うちに行って、君が気にいったところを予約しよう。」

持つべきものは、優しくてできる友人である。

あー、お土産は、彼が好きな、オーガニックフード店で買った、安いココアしかもってきてないよ。

悪いねー
悪いねー

ありがとねー
ありがとねーー

私もフランスで泊まるところをこのサイトで予約した。
airbnb
で検索すると、すぐ出ます。
旅好きな人は、要チェック。

当日キャンセル代は5000円。
はい、勉強代として、反省してお支払いしました。
(実際は、カードから引き落とされました。)

しかし、当日でも、私のbudget(予算)1泊5000円以内で、町から電車で15分くらいで、駅から歩いて5分という、申し分ないところをゲット。

ここの家のホストの女性は、インドネシアからオーストラリアに来てまだ2年だって。

インドネシアでは弁護士で、こちらの大学院のlaw schoolに通ってるんだってさ。
かっこいいーねーー

あたしも、日本で大学院に行ってるんですよ

なんて、話があったりしてね。

町から近いけど、閑静な住宅街。

部屋は一人部屋で狭いけど、ベッドがあって、引き出しがあって、自分だけのbathroomがあって、キッチンが使えて、結果、かなり良い!

こちらに来たら、やろうと思ってたことのひとつ。
朝のジョギング。

したら、朝の8時からあいているスーパーを見つけて、早朝grocery shopping.

変な形のカボチャ発見!

これなんだろーねー

しっかし、相変わらず高い!
去年の経験により、今回はできるだけ自炊をしようと思っている。

くだらんサンドイッチに10ドルも払うほど、あたしはばかじゃない。

高い外食は、相手がいて、美味しいときに限る。

とりあえずは、これくらいでいけるだろ。

こんなんで、じゅーぶんですよ。

にしても、昨日Craigと食べたNachosは美味しかったけどさ。

そんなこんなで、無事に過ごしております!
こちらは真夏です!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です