トロント日記2 もうホテルには泊まらない


おばんです。

 

日本のみなさんの英語力を勝手に応援する英会話講師のJeanです。

 

 

今夜のあなたへの英語レッスンは、トロントのチャイナタウンでよく見かける、私の大好きなお料理より。

日本でも大人気のこの食べ物、なんでしょう。

 

boiled dumpling

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Boiled dumpling(ボイゥド ダンプリング) = 茹でられたぎょうざ = 水餃子

 

ですね。

チャイナタウンが有名なトロントで、早速食べた。

 

 

はいはい、さてさて。

 

第2のホームタウン、トロントに来ております。

 

初めてこの街に来たのは、大学1年生の夏、幼なじみに会いに。

 

それから19歳のときに、一年ほど滞在。ここで英語が少し使えるようになった。

 

それから生徒さんとも来たこともあるし、前回来たのは8年前、英会話講師のための10週間のコースを受けに来たのが最後。

 

世界中のいろんな国の人たちが混在しており、とても住みやすい、カナダ最大の都市、トロント。

 

 

今回の滞在先は、ダウンタウンにあるアパート。

ここ最近いつも利用している、 air bnbにて。 https://ja.airbnb.com/s?page=1&s_tag=jP4SQadz&allow_override%5B%5D=

bnb = bed and breakfast の意味で、

ベッドと朝食があるところ = 宿

 

ホテルより安いの?とよく聞かれるけれども、とても安いものからとても高いものである。

 

トロントの空港にて、入国審査のときも

 

Inspector 「Where are you staying?」

私「In an apartment downtown.」

Inspector 「Is it your friend’s apartment or air bnb?」

 

と聞かれたほど、利用している人がとても多いやつ。

 

ホテルは、日本で家族と過ごすときは利用するけれど、

海外では、一人だろうと、誰かと一緒だろうと、最近はアパートタイプを好む。

 

それは、「料理ができるから。」

 

これに尽きますな。

 

だってね、カナダの外食、高いのよ。

いや、違う、実際はそう高いわけでもない。

その理由は、これ。

消費税13% + チップ15% = 料金の28%増し

毎回外食してたら、大変なことになる。

 

アパートは、大体、食器やフライパンなどがついている。

とても暮らしやすい。

オーナーさんの好みにより、ハーブティ飲み放題。

 

 

 

それから、街歩き、楽し。

3月終わりだというのに、夜にはマイナス10℃。

今日の昼は2℃。

ヒートテック、セーター、真冬のコートに、ストール、耳あて、手袋で、南国から来た私もなんとか歩けた。

 

お城のようなトロント大学にて。

毎回恒例だが、旅に出るといつもの digesting problem (=便秘)。

今朝もまたせっせとお野菜とヨーグルトを食べよう。

Jet lag (=時差)により、いつも無駄に早起き。 ← 今ここ。

 

 

 

おやすみなさい。

Jean

英会話のJEC

鹿児島の英会話教室 Jean’s English Class

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です