カナダへ出発!


出発日がとうとうやってきた。
今回は、生徒さんのMichael(ミッシェル)との二人旅。
2歳半の娘に見送られ、鹿児島空港を発つ。
杏(あん)ちゃんは、あっさりと、「ばいばーい」だって。

あちらではすでに幼なじみのHelenにより、ふたつのパーティに誘われている。
パーティに行くのに手ぶらではまずい、と、鹿児島空港でスイートポテトを4箱も買ったのがそもそもの間違いであった。

今回の旅は、5週間と長いため、カナダやトロントでいろんな人に会うプランを立てた。メールでそれぞれとやりとりしている中で、
「日本から持ってきて欲しいものがあったら、なんでも言って!」
と言ったところ、幼なじみの、日本大好きっ子のHelenや、トロントに5年ほど住みついている親戚のさつきちゃん、結婚してニューヨークに住んでいる弥生に頼まれたものは以下のようなもの。

Shu Uemuraの化粧品 5つ
ベビーフード関係 計20箱
抹茶ラテの粉末
お茶の道具
豆腐をきるためのタッパー(こんなのあるって初めて知った!)
洋服
みそ
うめぼし
インスタント味噌汁
こんにゃくゼリー
黒砂糖
入浴剤
ビデオテープ
焼酎1.8キロ紙パック入り

海外に長く住んでると、こんなものが欲しくなるんだね。

もちろんひとつのスーツケースには収まらず、もうひとつのキャリーケースもパンパン状態で、なんとか収まった。

と、そんな状態だったのにもかかわらず、空港でスイートポテト4箱が加わったものだから、成田で荷物を預けるときに、
「お客様、重量オーバーとなっております。」

ちーん。

規定はひとつのスーツケースにつき、25キロまでだということ。で、私のスーツケースは、28キロ。

もう~3キロくらい見逃してよ~

と思っていたら、

「もうひとつのバッグに3キロ分、移し変えたら、無料でお運びできますが。」

あ、なるほどね~。よし、それでいこう。
で、でもキャリーケースも十分パンパンなんですけど・・

という私の嘆きに、スタッフはぜんぜん耳を貸してくれず、なんとか押し込み作戦でいくしかない、と判断した私たちは、カウンターの前で、大きなスーツケースとキャリーケースを開き、みそやら、黒砂糖やらを取り出し、

「くそぉ、このこんにゃくゼリーが重いんだよ!」
とか
「化粧品は重いけど、液体だから移せない~」(液体は、100ミリまでしか機内に持ち込めない。)
とか、
「ぜんぜん暑いけど、コート着ちゃえ。」
とか、
いろんな工夫をして、なんとか25キロに納めたのである。

今回の教訓。

「こんにゃくゼリーは重い!」

カナダ学生生活、がんばりまっす。

写真は、どんなにがんばってもチャックが閉まらなかったキャリーバッグ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です