セブ島日記1 お得感満載のインチョン経由にて


おばんです。
Jeanです。

フィリピンはセブ島より、ねーむい目をこすりながら、書いております。

今回は、セブ島にある英語語学学校の視察で、こちらにやってきた。

JEC始まって以来、海外の学校からの提携依頼があり、見たことないところを生徒さんにご紹介できるわけないからね~

そういえばフィリピン語学留学って聞くなあ。

聞くけど、実際どうなの??

ってことで、語学学校についている寮に実際にお泊りさせてもらい

実際にレッスンを受けてみて

提携するかを決める

という今回の旅の目的。

相変わらず、ぎっりぎりまでなんやらかんやら仕事をしており、

こっちに着いてから、タオルを忘れたことに気付き、

寮の一階にあるセブンイレブンで買った、めっちゃ小さなフェイスタオルで、全てを乗り切っております。

さて、今回のフライトは

鹿児島人には嬉しい、鹿児島発インチョン乗り換えの、セブへ。

インチョンで6時間待ちだったけど、韓国観光付きでいいじゃーん、くらいの感じです。

鹿児島空港国際線は、ありえないほどいつも空いていて、国際線なのに1時間前到着で余裕で間に合うのが、鹿児島のいいとこよね。

おおーー、そうだった、意外とこのUSBがついてるのが嬉しい。

インチョンへは、2時間足らずで到着。

6時間待ち時間があるんだけど、何したらいい?

とインフォメーションのお姉さんに聞いて、

今回は、空港から地下鉄で40分くらいでいけるダウンタウンに行って、美味しい韓国料理を食べよ~という計画。
垢すりとかマッサージとかも、可能ならやってみよ~という計画。

あ、あたしの好きな、屋台があるじゃないか!
早速焼き鳥買って、食べ歩き!

ん、美味しい~

あ、でも、なんか辛い。

味か濃い。

もういらない…

おーー、フレッシュフルーツジュース!
だよね?
と屋台のおばちゃんに聞いても、さっぱり英語通じないから

買ってみたところ

甘い…
なんか人口の甘味料とココナツ的なものが入ってて、甘すぎて飲めない…

そして、なんでこの街には、ゴミ箱がないんだーー

焼き鳥の串が人にあたらないように、気を付けながら、

なんか美味しそうなのないかなーと探してたら

マッサージという看板があったので、入ってみたら

全然英語が通じない、おどおどした韓国の若いメンズが一人。

Are you a massager?

Yes

だって。
マッサージで男なら、ゴッドハンドをもつおじいちゃんがいい。

と思って、やめといた。

そして、夕方の韓国の街を、さらに1人ぶらぶら。

おー!
天ぷら&おでん屋台。美味しそう!

やっぱり英語は全く通じないから

これ、一つ。

と、エビの天ぷらを指して、日本語でも英語でも変わらない、要するにジェスチャーよね。

そしたら、なんとかかんとか韓国語で言われて、

なんか、一個じゃなくて、5個からしか頼めないよ、ということらしい。

すごいよね、ジェスチャーでもここまでわかるんだから。

えー、エビの天ぷら5個は食べきれないよー

じゃあ、となりのなんだかよく分からないやつを、指差して。

なんだか分からないやつは、タコだった。

んーー、衣がものすごく厚いなぁ。。

ここですごく美味しかったのはね、

初めに出してくれた、これ。

なんだと思う?

おでんのつゆ!
を、こうやって、紙コップに入れてくれるの。

このつゆが、うまい!

この薄くて、出汁がきいてる、こういうのが好きなのよ、日本人は。

天ぷらの重さと重なって、さらにうまい!

おかわりしました。このつゆ。

てんぷらには、赤い濃い~ソースをかけて食べるらしく、

天ぷらの衣を取りながら、中のほそーいエビを2匹くらい食べた後、
ギブアップ気味の私を見て、

屋台のおばちゃんが、持ち帰りに包んでくれた。

エビ3匹、タコ2匹、おでん1串、おでんのつゆで、330円だった。

コスパはいいけどね~

エビひとつ、たこひとつ、おでんひとつ、とおでんの汁杯くらいだったら、ちょうど良かったんだけどね。

おでんのつゆが美味しかったなーと思いつつ、地下鉄への帰り道で見たのは

野菜の皮をむいて売っているおばちゃんたち

ちょっくら寄ったコンビニでは、店主であろうおじさんが、携帯で話しながらレジ。

こちらに来る直前に、たまたま、慰安婦問題に関する、桜井キャスターと韓国人の大学の先生たちとの討論番組を見たばっかりだった

ということも重なるかもしれないけど

韓国人の知り合いもたくさんいるけど、でも、
この国は、思ったよりまだまだ発展途上だなぁ。

というのが、正直な感想。

そんなことを感じなから、20時半インチョン発で、セブに夜中の12時過ぎに着。

ここの学校は、必ず、ドライバーがお迎えに来てくれるシステム。

というか、それも全部こみの値段、というほうが正しいね。

「こんばんは~」

と、日本語で挨拶してくれた、フィリピン人の空港ピックアップサービスの人は、人の良さそうな30代くらいの男性。

早速聞き取り開始で、色んな質問をして

学校に到着。

私が今回住む寮は、学校が入ってるビルと同じとこなんだって。
えー、通学、楽だ~!

一階にセブンイレブンがあるのが、安心する。

部屋は、清潔でシンプル。
クーラーもあるし、私には問題なし。

ミネラルウォーターが飲み放題なのが、水を常に飲んでる私には超嬉しい。

こっちの水道水、飲めないよね、きっと。

セブンでちょっくら買い物でも、と思って降りたら、なんだか生徒さんたちが集まってて、

「新しい人ですか?一緒の見ませんか?」

と誘ってもらい、

まさかの、初日3時まで、こちらの生徒さん方と。

このレモンビール、セブンイレブンで80円!

セブンイレブンでこの値段ということはですよ、奥さん。
スーパーに行くと、もっと安いということよね、普通。

大学生

仕事を休職して来た社会人

仕事を辞めて来た社会人

私と同じように、視察で来た旅行会社の人

など、いろんな人がいるなぁ。

ただ、こっちに来て初めて知ったけど、この学校100パーセント日本人の生徒さんだって!

どうしてセブ島留学を選んだのか

レッスンはどうなのか

生活はどうなのか

いーろいろ質問しまくって、なかなか充実の初日!

Jean * – * 14:15 * comments(0) * trackbacks(0) * – –

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です