Perth diary 5. Biiiiiig trouble!!!


おばんです。
Jeanです。

Perthにきて、3日目、本日日曜日。

今日は、こちらに来る前から計画していた、

野生のいるかと泳ぐツアー

タッタラー

です。

このツアーは、私が初めてこちらに来たときに、体験したアクティビティで、

思い返せば、地球一周の旅をしていたときに、オーストラリアに来たときにあったのに、人気がありすぎてそのときはできなかったというやつで、

野生のイルカと泳ぐって、世界でできるところって限られているし、ぜひうちの生徒くんたちにも体験してもらいたかったやつ。

それがね。

これまでスムーズに進んでいたところで、大ハプニーーーーーング! が起きた。

出発前に日本で予約をしていた。
そこのビーチは、市内から車で45分くらい行った郊外なので、市内へのピックアップサービスも予約をしていた。

完璧。

なはずだったのに。

うちの子達も、9歳のMasaは、私と一緒におうちからタクシーで。
いやね、平日だったらたくさんバスがあるのよ。早朝でも。
でも、こっち、日曜日になると極端にバスでも電車でも便が少なくなる。
調べてみたら、平日はバス5時台からはしってるのに、日曜日だけ7時台スタート。

くっそう、そこらへん不便すぎる、オーストラリア。。

ということで、タクシーで10分くらいだし、それはまぁ別に問題なく、

Yutaもホストファミリーに送ってきてもらい、朝の6時50分にみんな集合。
よしよし、計画通り。

ところが。

ピックアップサービスのバスが来ない。
7時になってもこない。
7時10分になっても来なかったんで、ツアー会社に電話した。

すると、

7時になってもきみたち来なかったし、電話しても通じなかったから、もうバス出たよ。

って、えーーーーーーー!!

今になって冷静に考えてみると、

パース市内は、ここんとこ、本当に 工事だらけなんです。
で、去年も一昨年も使っていたピックアップサービスのバス停も、工事中だった。

だから、そのとなりで待っていたんだよ。

いや、ちゃんと確認したんだよ、バスが来る場所ね。

駅をちょうど出たところだから。

しかし、私は知っていた。
ちょうど出たところって、日本人の感覚とAussieの感覚では全然違う。
前もそう言われたけど、

は?? ちょうど前から、5分くらい歩いたところなんですけど??

ってね。

だから、そのメールを見ても、まさかミーティングポイントが変わってるなんて思わなかったんだよ。

ま、ということで、結局待ち合わせ場所は、本当に駅の真ん前に変更されていて、

そこより20メートルほど離れて立っていた私たちは、運悪く、お互いに気付かなかった。

そして、私が連絡先にと書いていた番号は、うちのスタッフに頼んでいた関係で、日本の携帯番号をそのまま書いていたために、あちらからの電話が通じなかった、ということが重なった。

海外に出たことがある方はわかると思いますが、海外から日本に電話かけるときは、

はじめに 日本の国番号の 81をつけて

そのあと、日本の番号の 0 をとります。

なので、たとえば、 09029616998 という番号だと

819029616998

となります。

反省しました。
忙しさにかまけて、スタッフに手続きを頼んだこと。
そのあと、確認が足りなかったこと。

勉強代は、タクシー10000円と高くつきました。
決して繰り返しません!!

さて、気を取り直してっと。

ものすごく晴天だったし

イルカはたくさん見れたし

ビーチは相変わらずものすごくきれいだし

Fish & Chips は作りたてで美味しかったし、

生徒くんたちが、

あ、Dolphin! Dolphin!!

と興奮して一生懸命写真を撮り、

海に入ったあと

触れるくらい近くにきた!!

という、そんな楽しそうな笑顔を見れたのが、せめてもの救いですわ。

一人で参加していたイスラエルのおじさんが、2人をかわいいなぁかわいいなぁと、言っていた。

ものすごくきれいです、ここ。
Rockingham beach.

結果オーーーーライ!!

ということにする!

おやすみなさい。。。

Jean
英会話のJEC

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です