小学一年生の親、気をつけろー。


おばんです。
Jeanです。

今日の最後の高校生体験レッスンでやった、こんな受験チックな問題をたまにはどうぞ。

A: ————————————?

B: Oh, the city is so beautiful, but the wind is sometimes cool.

Aの人は、なんと聞いたんでしょうか?

答え
A: What is the city like?
(その町ってどんなところ?)

B: Oh, the city is so beautiful, but the wind is sometimes cool.
(とてもきれいな町だよ。ただ、少し風が冷たいことがあるけどね。)

覚えたい事項
What is — like? : —は、どんなところ?(人?)

What is he like? : 彼ってどんな人?

って、とーてもよく使います。

っと。
はいはい、さてさて。

今日は、うちのスクールにとって、とても大事な打ち合わせがあり、子どもたちの新しいネイティブの先生が決まり、とーっても良かった。

レッスンは11月からスタートします。
ニュージーランド出身のStephen先生。
いかにもニュージーランダーぽい、おおらかな感じの先生。
子供から専門学校生、大人まで、幅広い層へのティーチングの経験をもつ、鹿児島を愛し、鹿児島に居住する、外人がここにも。

JECの子どもコースハロウィンパーティにも来てくれます。
こわーい話もしてくれます。
なんか、迫力ありそうだね。
楽しみだね

プロフィールなど、詳しい情報は、ホームページにて近々発表いたします。

っと。

木曜夕方は、毎週チアキッズレッスン。

11月3日に行われるおはら祭りへの出演に向けて、5歳から小学5年生のお子様たちはがんばってますよ。

レッスン帰りにみつけたおはら祭りのちょうちん。お祭り、もうすぐだね。
うちの大人ダンスチーム Golden Sunnysも出演します。 娘が所属するBig Thundersも出演します。 私が担当している子どもチアダンスチーム Little Peachesも出演します。 まぁ、まぁ、たくさんの人が出演する、鹿児島のおっきなお祭りです。
http://www.city.kagoshima.lg.jp/_1010/kanko/database/category/festival/autumn/ohara.html

さて、高校生体験レッスンまでやって家に帰ったら、娘は寝ており。
あーあ、一言でも話したかったなぁ。

だって、今日の昼、こんな会話したんだよ。

コンビニで会った、娘と同じクラスの子のママとの会話

ママ友「そういえば、あんちゃん、もてるんですってね。」

Jean「えっ? どこからそんな情報を?」

ママ友「うちの息子がA君と仲良しなんですけど、A君があんちゃんにふられたって言って、落ち込んでるんだって、言ってましたよ。」

Jean「ほっほう。」

小学一年生は、なんでも親に話すぞ!

気をつけろーー!!

若干、もて期が早すぎる気がするが、いや、男でも女でも、人気があることは、いいことだ。

娘が20代後半くらいになったとき、そのもて期が、もう一度来ることを願う。

おやすみなさい。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です