フォニックス


本日の、5,6歳児クラス。

190センチある、Craig先生とも仲良くやってくれているようで、一安心。

さて、本日のレッスン。

子どもは、とても耳がよく、単語なんて遊びやゲームをしながらすーぐ覚えてしまうのだが、日本語を覚える過程と一緒で、文字を読む、書くというのは、きちんと意識して学習しないと、覚えない。

5、6歳児は、一般的に、アルファベットを読むくらいで、単語は、ばんばん音声で、という方法をとっていたのだが、今いる子たちは4歳から英語やっているし、なんといっても、ほんとにすぐに単語覚えちゃうから、読む練習も、少しずつやってみよう、と思って、少しやってみた。

ところ。

まずは、

P
を見せて、アルファベットの読み

ピー

次は音の確認で、

プッ

もうアルファベットの音は、ほとんど覚えていて、きれいに発音できる。

次は、文字を見せて、

pu 「パ」

ppy 「ピー」

とやっていくわけだが、

しつこく

pu 「パ」

ppy 「ピー」

pu 「パ」

ppy 「ピー」

とやっていると、

キッズ1 「おっぱっぴー」

と古いギャグを言われてしまった。

めげずにがんばります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です