子供は常にするどいものである。Kidsクリスマスパーティにて。


先週日曜日は、英語を教えていてるKidsとのクリスマスパーティ。

毎年恒例の、大勢で個室が使える焼肉やさんで。

そして、毎年恒例の、外国人講師のスコットがサンタクロースになる。

もう子供たちも知っていて、

「ねー、スコット、今年もサンタになるんでしょう。」

とばればれである。

英語のゲームをしたり、家族対抗で英語でクイズ大会をしたり、ご飯も食べて、最後にスコットサンタが予想通り登場。

みんなにプレゼントを配った後、

Scott 「You can ask me any questions.」(なんでも質問があればどうぞ。)

Kids1 「How old are you?」(これくらいの質問は英語でできる。)

(以下、Scottは英語で答えている。Jeanが通訳)

Scott 「えーと、よく覚えてないんだけど、120歳くらいだったと思う。」

Kids1 「去年は、400歳って言ってたよ。」

大人全員の心の中 「子供の記憶力は恐ろしい・・」

Kids2「 おもちゃはどこで買ってるんですか」

Scott 「買っていません。たくさんの小人がおもちゃ工場で作っています。小人になりたい人いますか?」

Kids全員 「はーい!!」

Scott「では、小人になりたい人は、後で申込書を配るので、記入しておいてください。ただ、大人になったら小人にはなれないので、みんな大人にならないでね。」

Kids全員の心の声 「それは微妙だ・・」

そんなこんなで、クリスマスパーティは終了。

そして、最後に一人のKidsがスコットにもらったプレゼントをもって私のところへ。

Kids3 「ねぇねぇ、Jean」

Jean 「ん?どうした?」

Kids3 「スコットさぁ、おもちゃは小人が作ってるって言ってたけど、ここに500円って書いてあるよ」

子供は常にするどいものである。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です