成功秘話


先日、5歳の男の子が体験入学に来た。
その子は、英語をすでに習っていて、英語には慣れている。

が、英語が嫌いだという、お母さんの話。

本当に嫌いなのか、ただそう言っているだけなのかはわからないが、うちに来たとたんに、

「わ、英語だ。英語やだ。」

と近寄ってこようとしないH君。

そこで、私の闘志に火がつくわけである。

ちょうど、同じ年の男の子がクラスにいたので、その子と二人で

「あ~楽しい~

という雰囲気をいかにH君に伝えられるかである。

クラスの男の子は、先週から始めたばかりだったのであるが、前回やったことを少し覚えいたのがうれしかったらしく、

「あ、オーレンジ、オーレンジ」

とオレンジ色の日本語と英語の違いを自分は知っている、ということを、やたらとアピールしていた。

そういう姿を横目でちらりと見るH君。

それでも、お母さんが、

「ほら、行きなさい。」

と言っても、

「いやだ、英語きらいだもん。
ねぇ、あの人、だれ? ここに住んでるの?」

と、私のことを遠くから観察してる。

そこで、私たちは、H君のすぐそばで、カードゲームを始めた。
英語をやったことがある子なら、絶対知っているだろう、色を覚えるためのカードゲーム。

また、たまたま同じ年の男の子が始めたばかりで、知らない単語が多かったのが、幸いした。

Jean 「What color is this?」

生徒1 「えーーーーとーー・・」

H君 「Brown!」

と横からついつい返事。

そこですかさず、とってもおおげさにほめることが大事。

Jean 「Wow, great job!! You know brown!!!」

レッスンが終わる頃は、夢中でアルファベットを読んだり、フォニックスをしたり、自分が知っている知識を披露してはご満悦だったH君。

成功

昨日の企業レッスンでも、TOEIC対策レッスンでは

「あら?今日は、なんだかみなさん調子いいですね?」

「さすが!どうしてこんな難しい単語わかったんですか??」

「お~やった~~拍手~~~ パチパチパチ」

なんでもいんです、伸びてくれたら。

教訓: 大人も子どもも、ほめておだてて伸ばすべし。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です