うちのお子ちゃんたち。


先日、うちの子どもコースのお子ちゃんたちは、半年に一回のテストの日。

5歳のこどもも、テストを受ける。

と言っても、いつもレッスンでしていることをやるだけ~と言って、ちいちゃければちいちゃいほど、特にいやなイメージはなく。

Jean「今日は、テストの日だから、お友達とおしゃべりしてはいけません。」

ちびっ子「え~、なんで?」

Jean「他の人のテストを見てはいけません。」

ちびっ子「え~、だって横見たら、少しは見えちゃうよ~」

という具合。

今日は、保護者の一人から、手作りの和菓子をいただき、テストがんばったごほうびだね、と言って、みんなで分けてテスト終了後、食べる。

子どもって和菓子好きなんだなぁ。

「後一個! じゃんけん!!」

などと大盛り上がり。

手作り和菓子もらったり、アメリカのお土産の甘ーいお菓子もらったり、子どもたちは、毎回とっても喜びます。ありがとうございます。
いつでもお待ちしております。

急に秋らしくなり、すっかり涼しくなった中で、鼻水をすすりながら、小学6年生たちは、検4級レベルの難しいテストを19時までがんばって受けた。

なんかさ、一般的に、小学生がそんなハイレベルな試験を受ける って、「へ~大変そう~」というイメージがあると思うのだが、

「勉強が好き」

だとか、

「英語が好き」

だとかいうタイプの子がいて、そういう子たちは、自分がこれだけできる、ということを知るのが大好きなのである。

「結構できた!」

といいながら、暗くなった中帰っていくのを見ると、頼もしいなぁ~と思った。

お疲れ様。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です