これが本当の異文化交流


おばんです。
Jeanです。

なんだか久しぶりのブログアップになってしまった。

最近、時間の使い方があまりよくないな。

さて、今夜のあなたへの英語レッスンはこちら。

一緒にお食事でもいかがですか?

丁寧に英語でお誘いしてみましょう。

Would you like to go for dinner with me?

Would you like –? : -はいかがですか?

は、丁寧な誘い方ね。
まだそんなに仲良くない人には丁寧に誘ってみましょう。

カジュアルな言い方だと

Do you wanna —?

になりますね。

はいはい、さてさて。

先週末から、何やらしており、

大学院の仲間と久しぶりの近況報告をして、

大学の先生たちは、天才だけどおっちょこちょいなところもあるよね、という結論を勝手につけたり

土曜日は、朝から晩まで忙しくレッスンをして

日曜日は朝から素敵なパン屋さんで朝ごはんを食べたりして

夜は、もらった巨大なパンプキンを使い、パンプキンパーティをして

夜は、うちのムスメとお友達と、オーストラリアの小学生たちとスカイプで会話。
(写真はオーストラリアからのアングル)

毎回ホストファミリーを頼んでいるおうちのお子ちゃまと、たまたま同級生でね。

でね、何か話すねたがあったほうがいいと思ってさ、「りかちゃんのお寿司屋さん」というおもちゃにこういうのがあってさ

日本人小学生女子「Do you like sushi?」

オーストラリア小学生女子「Ah…」

日本人小学生女子「Do you like eggs?」

オーストラリア小学生女子「Never tried it. What’s that?」

と言われてしまった。

だよね、卵と卵焼きはぜんぜん違うってこと、忘れてた。

日本人小学生女子「Do you like humburg?」

まさかの

オーストラリア小学生女子「No!!」

やっぱり、寿司の上に載っているハンバーグには抵抗があるんだろう。

tuna(まぐろ)以外、すべて「No!」と言われてしまいました。

で、次はあちらから

オーストラリア小学生女子「Do you like vegemite?」

日本人小学生女子「は??」

いやー、知らんよね。vegemite。
オーストリアの国民的食べ物で、なんだろ、野菜ペーストみたいなやつでパンとかに塗って食べるんだけどさ。

これこれ。

お互い、当然だと思ってるものが、ほかの国だと違うってことだね。

いつか、お互いの国で、実際に会った時が楽しみだね。
それまでに、英語がある程度わかるようになっておきたい、というモチベーションにつながればいいなと思う。

最後に。

いろんな国に行っても、私結局カナダのトロントが好きなんだけどさ、

その理由のひとつ、

食べ物のレベルが高いということ。

私が言うレベルが高いというのは、低価格で、おいしいものが食べられる、という意味ね。

トロントにいる友人がアップしていたこんな写真。

左下の写真は、私の中で、TOP5に入る食べ物、ロブスターロールです。
日本でもあるかもしれんけど、異常に高いと思うし、鹿児島では見たことないな。

英語も勉強しつつ、食べ物もおいしく、私は長期留学には、やっぱりカナダがいいと思うぞ。

私は、次いつ行けるかな、トロント。

ロブスターロールを食べる夢を願いつつ、おやすみなさい。。。

Jean * – * 22:25 * comments(0) * trackbacks(0) * – –

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です