日本の子どもと、エロス像


おばんです。
Jeanです。

今夜のあなたへの英語レッスンは、先ほど企業レッスンでも取り上げた、こちら。

Scotlandが独立するのか、ということが、世間の話題になっていますが、それに反対のイギリスのキャメロン首相が演説していたときに、演台の前に貼ってあったこんなセリフ

「Let’s stick together.」

どーいう意味??

「一緒にくっついていよう。」

というのが、直訳ですね。

stick (動詞): くっつく

sticky(形容詞):くっついたような、ねばねばした

ということで、

Natto is extremely sticky.
(納豆は、ちょーーねばねばしている。)

というように使います。

extremely:すっごく (veryよりも強い表現)

よし、覚えたね!

結構日常的に使います。

はいはい、さてさて。

どーして、こう、夜の時間が過ぎるのは早いのだ。

ちょっくら仕事して、ちょっくらネットを覗いていたら、もうこんな時間。

誰か、夜の時間を後2時間ほど増やしてくれ。

はい!

今日お伝えしたいことのひとつはね。

昨日からお伝えし始めた、「英語講師養成プログラム」 いい反響があり、うれしいです!
http://jec.jellybean.jp/training_program/index.html

英語のレッスンにしても、イベントにしても、こういうプログラムにしても、いつも考えることは、

「自分が受けたいかどうか」

私がJECを始める前、こういうのがあったら、絶対受けたいな、と思うし、

他の人にもそう思ってもらえるようなものにしないとね。

私の今までのJECでの10年間を、惜しみなく共有しようと思います。

それで、英語が好きで上手なオトナと、そんなオトナに出会えた子どもが英語を上達させて、将来の日本を支えてくれることになるってことは、英語教育後進国である日本では、すごく意義があることになると思うな。

さ、そろそろ寝なきゃ。

今日の写真は、イギリスの話題が出たので、

んーーーあれはいつなんだろう、5年くらい前かな、ロンドンに小学生たちを連れて行った時の写真をば。
ロンドンの有名な2階建ての赤いバス。後ろの風景も手伝って、なーんだかおしゃれに見えるな。

この町は、地下鉄ですら、なんだかおしゃれな色使いだ。

この前、うちの小学生が、ロンドンに行って、ハリーポッターの撮影場所に行きたいと言っていたが、ここはその一つ。
ハリーポッターを見ていないので、感動度が薄かったけれども、どっか行きたいモチベーションって、なんでもいいよね。

小学校に行って、日本の小学生とイギリスの小学生の交流をしたりした。

かの有名な、ピカデリーサーカスで撮った写真。
今ちょっと調べたら、これはエロス像らしいけど、どこがどうエロスなのかよくわからないし、子どもたちにはそんな情報はいらない。

よし!

明日は、早起きして、ブルーベリースムージーを作ろう!

いや、作りたい。

んー、作れるといいな。

ま、できなくても次の日に。

ここら辺の自信は、限りなく低いです。

おやすみなさい。。。

Jean * – * 23:58 * comments(0) * trackbacks(0) * – –

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です