にやり。


おばんです。
Jeanです。

今夜のあなたへの英語レッスンは、いつも心がけておきたいこんなシンプルな素敵なセリフ。

One kind word can change someone’s entire day.
「あるひとつの言葉が、誰かの丸一日を変えることができる。」

覚えたい単語
entire : 全体の、全部の

はいはい、さてさて。

今日は、忙しい土曜日。

早寝早起きを心がけておるおかげで、気持ちがいい朝でスタートできたのが良かった。
切りすぎた前髪も、もう見慣れた。

今日のニュースはねぇ。

うちで新しく始めたプロジェクト、

「本当の英語力を日本の子どもたちに教えていくために、本当の英語を教えられる先生を育てよう!」

というやつ。
興味がある方は、こちら。
http://jec.jellybean.jp/training_program/index.html

その記念すべき第一期生の先生の卵ちゃんが、2か月の研修を終えて、今日初めて、実際の生徒ちゃんたちにレッスン!(無料です。)

いや、元中学校の英語の教員なんでね。
いや、私と同級生なんでね。

そりゃ、やっぱり上手です。

新しい先生は、新しいアイディアをもってくるからね。
いろんな新しい道具を次から次へと出してくるYumiko先生。

生徒ちゃんたちがすごく集中して、とても楽しんでくれたのが、一番だったなと思う。

みんなとてもよく集中して、楽しそうにレッスン受けてました。

ヘビメタルなドラマーだとは誰が思うでしょうか。
いつか、子どもたちに、ドラムをたたいてる姿を見せたいわぁ。
そしたら、もっと人気者になるな。

Jeanセンセーの英検3-4級クラスでは、意外と英語の音読の宿題をみんなやってきていて、上手になっていた。

小学3年生から6年生までのクラス。
レッスンは100%ナチュラルスピードの英語でやってます。
子どもたちは、それでついてくるからね。
ほんと、子どもの力ってすごいと実感するし、文句なしに楽しいと思う。

今回の、英語音読の宿題の、モチベーションの上げ方。

第1回目。
Jean「クリスマスまで、英語の絵本の本読みを宿題にします。」

Kids「えーー。宿題増えるのいやだー。」

Jean「クリスマスまでに英語の絵本を読めるようになろうよ。
上手になったら、JECのサンタさんがいいプレゼントもってきてくれると思うよ~」(安易に、すぐもので釣る。)

Jean「これが絵本ね。難しいやつから簡単なやつまであるよ。」

Kids1「僕、この簡単なやつにしよっと。」

Kids2「私も、この簡単なやつがいい。」

Jean「じゃぁ、この難しい絵本は、きっと君にしか読めないね。やってみる?」

Kids3「えーー。。もう、しょうがないなぁ。じゃぁ、やってみる。」

第2回目。

Jeanに選ばれたKids3は、結構上手に読めるようになってきた。
お父さんと練習したらしい。

今日の本読みの本番で、

「Wow!!  Great job!!!」

と褒めると、

Kids4「あ、僕、これがいい。」

と、自分からその難しい本を取る。

Kids5「私、他の本も読みたいな。」

Jean「まだあるよ。じゃぁこれは?」

Kids6「私も、2冊がいい!」

Jean「おぉ、おぉ、これももってけ~」

にやり。

意外と、サンタさんからのプレゼントより、褒められる、人に認められる、というその気持ちのほうが強いっていうね。

中学生になると、学校の宿題と塾の宿題で、忙しくなるし、思春期に入り、恥ずかしいやら素直になれないやら、いろんな気持ちが入り混じり、簡単にこちらの言うことを聞かなくなる。

それは大人になるためのステップで必要なことだと思うけど、だからこそその前に、

小学生の間に、英語ってなんだか楽しいと思ってもらえることが、その子の英語に対する意識を決定づけるかもしれない、という意識をもって

たくさんの子どもたちと過ごす土曜日は終了。

おやすみなさい。。。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です