Jeanの由来


なぜ、Jeanという名前なの?
とよく聞かれる。

理由はいろいろある。

理由1 名前が「優」=you だから。

この前カナダで受けたTESLのコースでは、初めに勝手にあちらがネームプレートを作っていて、それに Yu Nakashima と書いてあったので、英語名を言いそびれ、みんなに Yu, Yu と呼ばれていたが、そのときの不便なこと。

だってね、会話がこんな風になっちゃう。

A: ” Yu said it is right.”

B: ” No, I didn’t say that.”

A: ” I mean “Yu” ”

B: ” ??”

てな具合に、「優」って名前は日本では覚えられやすいし、大好きな名前なんだけど、英語になると、「おまえ」ってな感じの名前で、結構苦労してるんです。

カナダに住んでいる人々は、移民が多い。
どこから来た人も、みんな英語名を持っている。

カナダにいたとき、そんなわけで、カナダ人の友達に英語名をつけてもらった。
当時、Vivian Sue がはやってて、 Vivian がいいって言ったのだが、
“We have ugly Vivian.” (かわいくないVivianって子が他にいるよ。)
と言われ、

次の候補は、
“What about “Sue” becuase you are “Yu” ?”

と言われたけど、なんかあんまりシンプルすぎない?
と思い、

じゃぁ、Jeanはどう?ってことでまとまった。

という理由で、Jeanとなりました。

Jeanは、ジーンです。

いつか、生徒から手紙をもらったときに、

「仁先生」

と書かれていたが、決して、そんなに男らしい名前ではありません。

ということで、英語関係者には、Jeanでよろしくお願いしますモグモグ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です