生きた英語の力をつけるってこと


おばんです。
Jeanです。

さて、今夜のあなたへの中級英会話。

「8÷2=4」

英語でなんていう??

「8 divided by 4 equals 2.」

なんか、小学校でやるこういうこと、意外に英語では知らないよね。

はいはい、さてさて。

今週末後半、また調子が悪く、

「もしや、次はインフルB・・?

と恐れていたが、大事を取って13時間寝たら、大分復活した。

本日土曜日は絶好調でレッスン。
良かった。

先日行われた英検の結果も発表になり

小学5年生 5級合格
高校2年生 2級合格

うれしい報告ありがとうございます。

本日たっくさんの生徒さんが来てくれる土曜日。

10時からの幼稚園初級レッスンには、3歳の女の子の体験レッスンもあり。

お子さんのレッスンを見学してくれていたママから、うれしいコメントいただいた。

「こんな風な生きている英語をやらせたいなぁと思って。」

その3歳の子は、もう他の英語教室に通っているらしく、でも少し物足りない気もされているらしく。

ここで、珍しく、英語教育従事者に向けての、私の気持ちを書いてみよう。

キッズにしろ、大人にしろ、英会話なり、英語なりを教えるということは、知識なり、技術なり、気持ちなり、いろいろなことが必要である。

で、そのお母さんが感じていらっしゃることは

「通り一遍等の決まりきったレッスンで、本当に自分の子の英語の力が伸びるのか??」

と思っていること。

生きた英語、将来使える英語、それがその子の将来につながっていく英語を提供する、って、当然のことだと思い、誇りを持ってこの仕事をしていきたい、と思った本日。

中学生のちょっとまじめな英会話レッスンも

楽しく小学生英検レッスンも

あなたたちの将来にきっといい影響が及ぶことを願って、私たちは日々レッスン精進です。

おやすみなさい・・

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です